標識アユを放流(4月30日)

4月30日、天候に恵まれほっとする朝を迎え、「入間川水系への自然遡上アユ復活事業part2Ⅱ」(上戸運動公園  川越市) を行うことができました。朝7時過ぎからスタッフが現地到着し、軽トラで道具が到着するとともに会場の設営を始めました。

8時過ぎには「稚アユ」が到着し、想定外の早い時刻での到着に驚きながらも、バケツで河川べりに運びました。稚アユの総量は28.7㎏ほどです。小粒の稚アユがいっぱいで、「アブラビレを切る」作業にどれほどの時間がかかるのか心配になるほどでした。が、大勢の方々の参加(スタッフ17人、県職員8人、一般33人、合計58人)で午後3時過ぎには無事に作業を終えることができました。

放流した標識アユは入間川で11626匹、越辺川で2690匹、合計14316匹です。

昨今、10代、20代、30代の若 者  の 参加がみられるようになり、とってもうれしいです。中学・高校・大学の単位の対象ではなく自ら参加する 若者たちはきっと将来につないでくれると思います。

本年も、無事に標識アユを放流することができました。早速、遡上調査を始めています。標識アユを見かけたときは、ご一報ください。(宮﨑記)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください