第24回荒川流域一斉水質調査

6月3日、荒川流域一斉水質調査は24回目を迎えました。20数団体が一斉に荒川本流・支流の水質調査を実施しました 。
鶴ヶ島グループは鶴ヶ島市・坂戸市を流れる飯盛川・大谷川の31地点で採水し富士見市民センターに持ち寄ってCODとECを調査しました。概ね例年通りの結果となっていましたが、今回、特に数値が高くなっていたのはハーモニー脇の飯盛川です。上流の池尻池がかなり汚れていたのでその影響かもしれません。石井水処理センターの排水はCOD16で、基準値内ではあるけれど高めでした。飯盛川は水量が少なく臭いがあり汚れも目立ちました。
「経年と比較すると大きな動きはなく、このことからパックテストの精度は高いのではないか」との統計データの専門家のSさんの話です。20数年、荒川流域で300に及ぶ地点で調査を続けてきた環境団体の参加協力感謝いたします。
 画像は
 *富士見市民センターにおけるパックテストの様子
*石井水処理センターの排水溝

第23回総会開催

5月20日、当会創設から23回目の総会を行いました。

1995年に「あなたの家も水源地」をテーマに22年間流域の約300か所で一斉水質調査を行い、流域の関係団体や自治体等に情報を発信してきました。この22年間で入間川でのCODの平均数値は1/2~1/3と下がってきています。
2009年からは、入間川・越辺川水系のアユの遡上改善についての意見を埼玉県に提出するとともに、取水堰等の遡上環境調査を行ってきました。私たちの提案と調査結果を受けて、県は
入間川の8箇所取水堰等に魚道を設置し、現在、越辺川の遡上環境を改善するする事業に取り組んでいます。

22年間続けてこれたのも、流域の環境団体や住民のみなさんの協力のおかげであることを深く感じております。これからも皆さんとともに、荒川の環境改善に向けて取り組んでいきたいと思います。

総会終了後は、流域一斉水質調査の試薬を配布しました。本年もよろしくお願いいたします。今年も「武州・入間川プロジェクト」の助成を受けております。ありがとうございます。

魚道維持管理作業

5月12日から14日の3日間で15万尾の稚アユが秋ヶ瀬の魚道を遡上しました。大きな群が入間川に上がって切る可能性があります。

5月17日(木)10:30から浅間堰の魚道に設置していた堰板の角材を回収します。当日は千葉さんが軽トラで現地にきてくれ、高坂の倉庫に搬送します。

5月19日(土)13:00から浅間堰の魚道下にアユを放流して、山本氏が作成した仮設魚道をアユが遡上できるか撮影調査を行います。

以上作業・調査に協力できる方は、よろしくお願いします。

鈴木勝行

標識アユを放流(4月30日)

4月30日、天候に恵まれほっとする朝を迎え、「入間川水系への自然遡上アユ復活事業part2Ⅱ」(上戸運動公園  川越市) を行うことができました。朝7時過ぎからスタッフが現地到着し、軽トラで道具が到着するとともに会場の設営を始めました。

8時過ぎには「稚アユ」が到着し、想定外の早い時刻での到着に驚きながらも、バケツで河川べりに運びました。稚アユの総量は28.7㎏ほどです。小粒の稚アユがいっぱいで、「アブラビレを切る」作業にどれほどの時間がかかるのか心配になるほどでした。が、大勢の方々の参加(スタッフ17人、県職員8人、一般33人、合計58人)で午後3時過ぎには無事に作業を終えることができました。

放流した標識アユは入間川で11626匹、越辺川で2690匹、合計14316匹です。

昨今、10代、20代、30代の若 者  の 参加がみられるようになり、とってもうれしいです。中学・高校・大学の単位の対象ではなく自ら参加する 若者たちはきっと将来につないでくれると思います。

本年も、無事に標識アユを放流することができました。早速、遡上調査を始めています。標識アユを見かけたときは、ご一報ください。(宮﨑記)

 

 

標識アユの放流作業無事終了しました

4月30日の標識作業にご協力頂いた方は、長時間の作業になりましたが、本当にありがとうございました。
皆様のご協力により、無事標識放流作業を終えることができました。
入間川への標識放流数 約15,000尾
越辺川への標識放流数 約2,500尾

例年と比較すると約3倍の標識あゆを放流することができました。ありがとうございました。

入間川については、6月1日の友釣り解禁から調査を行います。
越辺川については、5月2日から5月6日まで、出丸堰で映像と目視調査と流速調査を行う予定です。
天候の状態を見ながら調査を行なっていますので、時間が取れる方は寄ってみてください。

荒川流域ネットワーク
鈴木勝行

東京ガス「森里海つなぐプロジェクト」から寄付をいただきました。

公益社団法人フィランソロピー協会をとおして、東京ガスグループが実施する「森里海つなぐプロジェクト」から2018年度の活動に対して寄付をいただきました。「里川の生き物を知り、里川を味わう」をテーマ都幾川、高麗川、越辺川の3ヶ所での魚捕りイベントに活用させていただきます。今夏もお子さんから高齢者まで多世代で川のイベントを楽しみましょう。

東京ガスグループのホームページ「森里海プロジェクト」で紹介されています。

http://www.tokyo-gas.co.jp/env/tsunagu/donation/

入間川水系への自然遡上アユ復活事業

稚アユに標識を付け入間川に放流します。

魚道の効果調査のため、アブラビレを切除する作業を実施します。

今年度は、主に狭山市域に設置された魚道の効果調査を行うため、川越市上流で標識作業を行い、入間川に放流します。その後、越辺川の出丸堰下流でも一部放流する予定です。現地での標識作業に多くの皆さんのご参加をお待ちしております。

実施日:2018年4月30日(月)

集合時間◆  9:00

集合場所◆上戸運動公園

持ち物◆長靴、あれば胴長。昼食はご持参ください。

小雨決行◆カッパをご用意ください。

作業時間◆約3時間

連絡先◆090-7804-5722(鈴木)

(この事業は公益財団法人サイサン環境保全基金から助成を受けています)

 

第22回荒川流域再生シンポジウム

3月17日(土)、国立女性教育会館において、22回目の荒川流域再生シンポジウムを開催しました。参加者は48人。会場には10代の大学生、20代の青年、30代女性の姿が見られ心強く感じました。予定通り、金澤光様から「標識アユの遡上調査と菅間堰魚道に対する管理作業について」、原田信さんから「飯盛川での自然河川復活への取り組みについて」、そして、育てる会の国峯修さん、熊谷の環境を考える連絡協議会の町田直昭さん、かわごえ環境ネットの小瀬博之さんから、活動報告がされました。東松山農林振興センターからは越辺川の魚道設置の取り組み経過について報告がされました。

みずかけ“サ”論では、魚道の管理について、行政・市民・漁協をはじめとする関係者の連携について、各地の例などを参考に意見交換が行われ、内容の深い議論の場となりました。

ご参加の皆様、ありがとうございました。(宮崎記)